医師紹介

院長紹介

加藤 浩士

はじめまして。この度北浦和の駅前で、新たに皆様により良い医療を提供させていただくべく院長に就任いたしました加藤と申します。
今回の新規開業にあたり、私どもはまず患者様の満足度を最優先に考えてまいります。たとえば同じ病気でもどのように困っているか、どのように悩んでいるか、不安に感じているかなど患者様によってそれぞれ異なっております。

また、症状をうまく説明できないこともあると思います。患者様の目線に立ち、それぞれの背景を最大限くみ取り、すべて同じ説明や治療をするのではなく、患者様個々に合わせて分かりやすく、ご納得いただける医療を提供してまいります。また、医師である私だけでなく、看護師、視能訓練士、事務スタッフ全員で皆様が安心して診察を受けていただけるような環境づくりに全力を挙げてまいります。

手術に関しては、白内障手術や網膜硝子体手術(目の奥のほうの手術)など日帰り手術をメインに取り組んでまいります。私はこれまで複数の地域の基幹病院にて多数の症例を経験し研鑽を積んでまいりました。そこで得た知識、技術を最大限生かし皆様に還元してまいりたいと思います。時に当院では十分な対応が困難と判断せざるを得ない疾患に関しては、迅速に地域の基幹病院、大学病院と適切に連携をとり、患者様に最大限の利益がもたらされるよう対応いたします。

どんなことでもまずはここにかかれば安心、と感じていただける医院をスタッフとともに作り上げてまいります。

院長 加藤 浩士

略歴

2001年 名古屋市立大学医学部 入学
2007年 横浜市立市民病院
初期臨床研修医
2009年 慶應義塾大学眼科 入局
2010年 栃木県足利赤十字病院 勤務
2013年 慶應義塾大学病院 勤務 助教
2014年 JCHO埼玉メディカルセンター
医長
2021年 北浦和眼科 院長

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 眼科手術学会

資格

  • 眼科専門医

手術統括医師

持丸 博史

私はこれまで難治性白内障、緑内障、網膜硝子体疾患を中心に他院で手術が困難な方や再手術を必要とする方の診療に携わってまいりました。
この度は加藤先生の、患者さんに寄り添い、安心して治療をお受け頂くクリニック造りに強く共感し北浦和眼科における手術のお手伝いをさせていただく事となりました。

白内障手術と一言にいっても、難易度は様々で難しいケースではトラブルに陥ることは決して珍しいことではありません。その際にしっかりリカバーできる技術の裏付けがあればこそ皆様に安心して手術を受けていただけると思います。

また、緑内障や網膜硝子体手術を施行する施設は増えてきましたが、初回手術で思ったような結果が得られない場合はその後に十分な説明が受けられずご不満に感じている方も見受けられます。手術すべきか悩んでいる方や初回手術に御不満がある方はご相談いただければ、私の経験を活かしできる限りお力になりたいと思います。

皆様にとって最良の手術のご提案をさせて頂き、ご満足頂ける手術結果を残せますよう全力で取り組んで参ります。

眼のことでお悩みのある方はお気軽にご相談ください。

手術統括医師 持丸 博史

略歴

2003年 慶應義塾大学医学部 卒業
同年に慶應義塾大学眼科学教室入局
2005年 慶應義塾大学外科系大学院入学
2009年 同卒業し、医学博士号取得後
けいゆう病院出向
2011年 慶應義塾大学眼科学教室へ帰室
2014年 JCHO埼玉メディカルセンター
眼科部長
慶應義塾大学眼科学教室
非常勤講師

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 眼科PDT研究会
  • 網膜硝子体学会
  • 手術戦略セミナー代表世話人

資格

  • 眼科専門医・指導医
  • PDT認定医
TOPへ